スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Desperado




ならず者よ
どうして目を覚まさないんだい
君は柵の上にいるね
ずいぶんとながい間
なんて頑固なんだ
君には君の理由があるのだろうけど
君が楽しんでやっていることは
君を傷つけることもあるよ

ダイヤのクイーンは引くなよ
彼女は君を打ち負かすぜ
ハートのクイーンが一番いいって知っているだろ
何が君にとって一番かわかるよ
それはテーブルの上に並んでいるものさ
でも君は手に入れられないものばかりを欲しがるね

ならず者よ
君は若返っているわけじゃない
君の痛み、君の飢え
それらは君に懐かしい場所を思い出させているだろう
自由、オー、自由
人々が賛美する自由
君はその言葉に囚われて歩き続けている
この世界をひとりぼっちで

冬の寒さを君の足は感じているかい?
空には太陽がなく、雪も降っていない
今が昼なのか夜なのかもわからない
君は感情の起伏をなくしている
感情がなくなっているなんておかしいだろう

ならず者よ
どうして目を覚まさないんだい
柵からおりてこいよ
心を開いて
そこは雨が降っているかもしれないけど
君の上には虹がかかるさ
君はだれかに愛されるべきだよ
君はだれかに愛されるべきだよ
手遅れになるまえに


この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。